「JIN」の購入やめました。WordPress(ワードプレス)テーマ「SANGO」のメリットとデメリット

最近「JIN」を使っている方や、「SANGO」から「JIN」に変えている方をかなり見かけて、そのスタイリッシュなデザインに浮気しかけたんですが、やっぱり「SANGO」最強!と改めて思ったので「SANGO」の良いところ・悪いところを率直に書いていきたいと思います。

SANGOの評価
デザイン
(5.0)
機能性
(4.0)
マネタイズ
(3.5)
居心地
(5.0)
金額
(3.5)
総合評価
(4.0)

こんなことも簡単ワンクリック!

SANGO

JIN

私がJINの購入をやめた理由

有名ブロガークロネさんの「SANGO」と「JIN」の比較記事

「JIN」が発売されてからと言うもの、かなりの人気ぶりで気になっていたんですが、ブログ100記事講座でお馴染みクロネさんがWord PressテーマをSANGOとJINで迷っている方へ!選ぶときの簡単な判断基準はこれだ!という記事で

サルワカさんの雰囲気が好きで好きでたまらないなら「SANGO」

収益とアクセスをアップしたければ「JIN」

という、収益とアクセスアップさせたいのはブログをやっていると誰しも思う事じゃ無いか!

それを、ただ雰囲気が好きという理由だけで「SANGO」を選ぶ人がいるの?

と思わせるような記事を書かれていて、かなり「JIN」購入へと気持ちが傾いていたんですが、値段が高い事で躊躇していました。もちろんこれだけの価値があるものだと言うことはわかるんですが何せお金の余裕がない…

あと、「JIN」製作者のひつじさんはクロネさんのブログのオフィシャルスポンサーなのでかなり「JIN」よりな比較記事になっているように個人的に感じるのも気になりました(・_・;

サイトの表示速度が気になる…

そしてついには購入に至らなかったのですが、決定的だったのはこのツイート。

フォロワーさん減るかもしれないけど本音言ってもいいですか?「初心者こそJINおすすめ」っていうキャッチコピー本当やめて。

JINデザインは素晴らしいけど、ちょっと重いから画像高速化とか色々せなあかんし、初心者が最初からそんなんできるわけない。普通に「JINおすすめ」でいいやん🐱

— さゆ吉@絵描きブロガー (@tomo_king1101) 2018年8月8日

「JIN」の購入を検討している時にたくさん「JIN」を使用しているサイトにお邪魔させてもらったんですが、ずっとずっと違和感があってその違和感というのがまさに上のさゆ吉さんがおっしゃっているようにみなさんかなりサイトの表示速度が遅かったんです。

スタイリッシュなデザインだからかページが重たいという印象は受けないんですが、とにかく表示速度が遅いのが気になってそっと閉じたサイトもいくつか…

こんな私のような短気な人のために表示速度は私の中でかなり重要でして、今回「JIN」を購入しなかった大きな理由になりました。

もちろん色々といじれば早くなるんだと思いますが、カスタマイズ大好きな私としてはこれ以上カスタマイズに時間を取られてはいけないと思い直し「SANGO」沼に浸かっておく事にします。

正直な話、一回も有料テーマを購入したことのない状態なのであれば「JIN」買ってると思います(´・Д・)」でも私は今、「SANGO」を使っていて「JIN」に変えるメリットはそこまで感じないので購入しません。

今のところはそのつもりです(´ー`)

WordPress有料テーマ「SANGO」とは?

と、ここまで何度も出てきたWordPressテーマ「SANGO」とは何かと言いますと、

月間300万PVを超える「サルワカ 」を運営しているCatNoseさんが作成した10,800円のWordPressの有料テーマです。

参考 WordPressテーマ「SANGO」29の魅力SANGO

SANGOのメリット

マニュアルが丁寧

「SANGO」にはカスタマイズガイドのページが用意されていて、WordPressの始め方からテーマの移行方法、「SANGO」の基本、応用のカスタマイズまでまさに全てが詰まっています。

以前購入してすぐにどうしてもわからないことがあり、問い合わせみると、半日もせずに回答がありました。

購入後の対応も手厚いです。

カスタマイズ記事が豊富

何と言っても「SANGO」には充実のカスタマイズ記事たちがわんさかあります!

そのため、私のようにカスタマイズに夢中になって記事がおろそかにならないように注意が必要です(´・ω・`)

SANGO公式:カスタマイズガイド

公式から基本のデザインプラスαのカスタマイズ方法が紹介されています。

疑問に思ったことやりたいことがある場合はまずはこちらに目を通すとほぼ解決できちゃいます。

SANGOカスタマイズガイド

SANGO公認子テーマPORIPU製作者:マサオカブログさん

「SANGO」ユーザーは誰しも一度はお世話になるであろうマサオカブログさん。

「SANGO」を購入後はまず一番にこのサイトで自分のしたいカスタマイズをピックアップしてするといいとおもいます。

マサオカブログ

そんなマサオカブログさんが作成されたSANGO公認の子テーマPORIPU。

私も購入させていただいています。2018年9月現在は3,980円で購入できます。

PORIPU

SANGOサポーター:こじかさん

スタイリッシュなフロントページが特徴的なこじかログのサイトを運営されている方が作成されたプラグインです。なんと1000円のお手頃価格です。

SANGOサポーター

期待の新星:for menさん

まだ開設されて1ヶ月ほどですが、その洗練されたデザインにSANGOユーザーならば誰しもが惚れ惚れするんじゃないでしょうか?サルワカ さんのサイトが好きな方はこれでもう少しSANGOをサルワカ風に近づけることができます。

for men

SANGOのデメリット

デザインが可愛すぎる

「SANGO」はデザインが可愛すぎます。

私はそこが気に入っているんですが、ブログの取り扱いテーマによっては合わないと感じる方もいるかと思います。

今一度自分の書いている、書いていきたいブログテーマと照らし合わせてマッチするのか考えたほうがいいのかもしれません。

有料:10,800円

「SANGO」は有料のテーマです。10,800円で複数のサイトに使用可能です。

この値段が高いと感じるか、そうでもないと感じるかは人によると思います。

ちなみに私は、購入して全く後悔はありません。

ブログを開設した最初の1ヶ月間はSimplicityで運営していたんですが、思い切って「SANGO」を購入して、テーマ変更後の作業が開設1ヶ月で記事数15記事ほどだったんですが結構大変でした。

MEMO
ちなみにSimplicityの後継となる、Cocoonという無料のテーマがあるんですが、最初このテーマを使っているサイトを見たときに何このテーマ!タイプすぎる!いくら???となるくらいに素晴らしすぎたので是非のぞいて見てください。SANGOのデザインが好きな人は気にいるはずです。

ブログの有料テーマを購入することに躊躇されている方はCocoonを検討してもいいかと思います。

カスタマイズ後の目次やウェジットなんかはJINっぽくて、まさにSANGOとJINの私が好きなデザインが融合した感じ。

これが無料はマジで驚きです。

参考SEO・高速化・モバイル最適化済みの無料WordPressテーマ「Cocoon」

なので、途中から有料に変更したくなるかも…な人はとりあえず無料から。ではなく、思い切って有料テーマを買うことをおすすめします!

有料テーマを購入するとテーマ代を稼ぐまでは絶対にブログやめられない!と自分を奮い立たせることもできるので、私はこの考えで半年ほどアクセスがないブログの運営を頑張って今やっと軌道に乗っています。

お金は飽き性な私の大切な原動力です(笑)

オリジナリティに欠ける

「SANGO」は、マテリアルデザインが特徴的なサイトなのでどうカスタマイズしても似たようなサイトになります。

参考マテリアルデザインとは?

使用しているサイトが多いので見覚えあるなぁと読者の方は感じるかと思います。

ですが私は、それは逆に読者の方の信頼に繋がるんじゃないかと思っています。

人間ってよく見るものはよく知らなくても勝手に安全だと思い込んじゃいますよね?

まとめ

以上が私の思うSANGOのメリット&デメリットになります。

散々SANGOについて書きましたが、最終的には、自分が好きなデザインか。というのがサイトを運営する上で一番大きなポイントかと思います。どのテーマにしても自分にとってしっくりくるものが一番なので、直感でピンときたもの購入してください^^

サルワカさんの雰囲気が好きで好きでたまらないなら「SANGO」

あれ?完全に私この基準で選んでるわ…

関連 当サイトのSANGOカスタマイズ集